MFi認証を謳っていても買って失敗したLightningケーブル

純正のLightningケーブルは割高だと考えてしまい、格安なケーブルを購入することを検討してしまうことがありますが、あまり安すぎるものは買ってはいけないものもある。というお話です。

きっかけはAmazonのセールで複数USBポートのある充電器を買ったことです。

こちらです。

Anker PowerPort Speed 4 (4ポート 43.5W USB急速充電器)【PSE認証済 / PowerIQ搭載 / QC3.0対応 / 折たたみ式プラグ搭載】 iPhone, iPad, Galaxy S9, Xperia XZ1,その他Android各種対応

複数のポートがあるため、ケーブルの追加購入が必要となりました。
ちなみにAmazonでのlightning ケーブル売れ筋はこちらです。

Anker プレミアムライトニングUSBケーブル 【iPhone XS / XS Max / XR 対応 / Apple MFi認証】 コンパクト端子 (ホワイト 0.9m)

Amazon.co.jp: Anker プレミアム ライトニングケーブル MFi認証 iPhone 12 / 12 Pro / 11 / SE(第2世代) iPad 各種対応 (0.9m ホワイト): 家電・カメラ

概ね一本当たり1000〜1500円くらいが相場なのですが、複数買うとそれなりの出費になってしまいますので、なるべく安いものを探すことは自然な流れだと思います。
しかしながら安かろう悪かろうも存在しますので注意が必要です。
次に紹介するケーブルを購入しましたがすぐに充電ができなくなり、返品することになってしまいましたので、このような失敗が無い様に紹介いたします。

買って失敗したLightningケーブル

【最新版 5本セット】iphone 充電ケーブル ライトニングケーブル 【1M+1M+2M+2M+3M】 高速データ転送 急速充電 USB同期&充電 高耐久 断線防止 Lightning ケーブル アイフォン充電ケーブルiPhone XS/XS Max/XR/X/8/8Plus/7/7 Plus/6s/6s Plus/iPad/iPod各種対応

このケーブルですが、使い始めて数時間で充電不可となりました。
こちらのケーブルはMFi認証していることを謳っていたのですが、それだけでは良い製品と判断することはできないようです。
使用不可となった際の端子はこのような状況です。

端子が腐食しているような状況になっています。
このような状況で存在するリスクは「発熱」、「発火」、「充電不良」などが考えられますので、やはり安心できる製品を選ぶことが重要だと改めて考えさせられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク